Childお子さんの歯の健康を守りましょう~小児歯科~

お子さんの歯の健康を守りましょう~小児歯科~

子どもは甘いおやつが大好きにもかかわらず、まだ自分でお口のケアをきちんとすることができません。つまりお子さんの歯を虫歯から守ってあげるのは、ご家族の方の役割だといえます。

千葉市の歯医者「こみね歯科医院」の小児歯科では、お子さんの歯の健康をお守りするためのサポートを行っています。当院では、できるだけ痛くない、怖くない治療を心がけていますので、不安なことがあればお気軽にご相談ください。

乳歯だから気をつけたいこと

乳歯だから気をつけたいこと

お子さんの乳歯は大人の歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいのが特徴です。乳歯の時期に虫歯ができると、永久歯への正しい生え替わりを妨げる原因になるため、とくに注意が必要です。

虫歯ができてしまったら早めの治療が肝心ですが、それよりももっと大切なのは予防すること。一生のお口の健康につながる乳歯の時期を、当院と一緒に見守っていきましょう。

乳歯を虫歯から守るためのポイント

POINT 1
乳歯が生えたらご来院を
生後6ヶ月くらいになると乳歯が生え始め、そうすると虫歯のリスクが生まれます。乳歯が生えたら、今後のためにまずご来院ください。
POINT 2
甘いものは控えめに
キャンディやチョコレート、キャラメルなど、糖分が多く含まれるお菓子をたくさん食べると、虫歯になりやすくなります。甘いものは控えめにし、シュガーレスやキシリトール配合のものを選ぶといいでしょう。
POINT 3
おやつは時間を決めて
おやつをだらだら食べるクセがあると、お口の中は常に酸性に傾き、歯の再石灰化が間に合わずに虫歯になりやすくなります。おやつは時間を決め、お口の中を休ませる時間をつくりましょう。
POINT 4
食べたらブラッシングを
食事やおやつの後には、必ずブラッシングをしましょう。それが無理なときには、口をゆすぐだけでもしておきましょう。

こんなクセ、ありませんか?

日ごろの何気ないクセが、お子さんの歯並びを乱す原因になっていることがあります。次のようなクセに覚えがある場合には、できるだけ早くなおしてあげましょう。

頬杖 頭の重みが顎にすべてかかり、顎関節に負担が生じます。これを続けると咬み合わせのズレが生じたり、顔の骨格が左右非対称になったりすることがあります。
指しゃぶり 前歯を裏側から指で常に押し出す状態になり、出っ歯の原因になります。
爪を咬む 硬い物を咬み続けることで、歯ぐきに負担をかけたり、歯並びを乱したりする原因になります。
タオルなどを咬む タオルや毛布などを常に咬むクセがあると、前歯が前に飛び出し、上下の歯が咬み合わなくなることがあります。
しっかり咬まないで
飲み込む
やわらかいものばかり食べたり、しっかり咬まずに丸飲みしたりしていると、顎が正しく育たず歯並びが乱れてしまいます。
舌のクセ 舌で前歯を押したり、舌を前に突き出したりするクセは、出っ歯を招いて発音に支障が出ることもあります。
口呼吸 口を常に開けていると、口腔内が乾燥して細菌が繁殖しやすくなり、虫歯リスクが高まります。また舌の位置が下がって歯並びも乱します。

歯並びが気になったら~小児矯正~

歯並びが気になったら~小児矯正~

歯並びの乱れは見た目が気になるだけでなく、咀しゃくや発音などにも支障を来たし、さらには虫歯を招いたり頭痛や肩こりの原因になったりと、さまざまな問題を招きます。そこで当院では、「床(しょう)矯正」という小児矯正をご提案しています。

矯正治療は大人になってからも受けることができますが、成長期の自然な成長の力を利用して進めることで、より多くのメリットが得られる子どもの時期に行うのがおすすめです。歯並びが気になったら、お早めに当院までご相談ください。

「床矯正」による小児矯正のメリット

「床矯正」による小児矯正のメリット

床矯正とは、取り外しができる入れ歯に似た装置を、毎日就寝時などに一定時間装着して、顎の大きさを広げる治療です。乳歯と永久歯の混合歯列期に行い、永久歯がきちんと並ぶスペースを確保します。

MERIT 1 顎の骨の正しい成長を促すことができます。
MERIT 2 治療時の痛みが少なくてすみます。
MERIT 3 装置が取り外せるため、食事やブラッシングに支障がありません。
MERIT 4 将来的に本格的な矯正治療を行う際に、抜歯の可能性を低くできます。

小児歯科の処置方法

ブラッシング指導
お子さんのお口の中は、成長にともない大きく変化し続けます。一人ひとりのお口の状態に適した正しい磨き方を、歯科衛生士が指導します。小さな頃から正しいブラッシング習慣を身につけましょう。 ブラッシング指導
シーラント
奥歯にある深く複雑な溝には汚れが溜まりやすい上にブラッシングしにくく、虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防します。 シーラント
フッ素塗布
虫歯菌への抵抗力を高め、歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布します。定期的に行うことで、予防効果が高まります。 フッ素塗布
床矯正
床矯正とは、取り外しができる入れ歯に似た装置を、毎日就寝時などに一定時間装着して、顎の大きさを広げる治療です。乳歯と永久歯の混合歯列期に行い、永久歯がきちんと並ぶスペースを確保します。 床矯正
ムーシールド
乳歯の時期の受け口を改善する治療です。取り外しができるマウスピースタイプの装置を、毎日就寝中などに装着して改善に導きます。 ムーシールド
過剰歯の抜歯
通常より多く生えてきた歯「過剰歯」は、歯並びを乱したり虫歯リスクを高めたりしがちなため、多くの場合抜歯が必要になります。気になる歯があれば、お早めにご相談ください。 過剰歯の抜歯

当院の小児歯科について

当院の小児歯科について

当院のスタッフは主婦が多く、歯のことだけでなく、お子さんについてのさまざまなご相談をお受けすることも少なくありません。診療についても常に子ども目線で接するように努め、嫌がるお子さんに無理やり治療を行うようなこともありませんのでご安心ください。

また駐車場を完備しており、小さなお子さん連れの方にもお車でお越しいただきやすく、ほかにもキッズスペースや個室診療室など、お子さんが通いやすい環境を整えています。お子さんの歯の健康を維持するのは、小さな頃からの意識が大切です。痛みなどがなくても、4歳~7歳頃のなるべく早い時期から、ご来院いただくことをおすすめします。

~小児歯科についての副院長の考え~

~小児歯科についての副院長の考え~

かつて私が勤務医だった頃、「子どもの頃に歯医者で、無理やり押さえつけられた治療をされたために、歯医者嫌いになってしまい、お口の中が虫歯だらけになってしまった」という患者様がおられました。それはとても残念なことです。

私はお子さんが笑顔で来院し、笑顔で帰って行ける、そんな歯医者でありたいと考えています。予防のためには歯科通院が欠かせないものであり、歯医者は嫌な場所であってはならないからです。

当院ではお子さんに嫌がることを無理やりするようなことは決してしませんので、安心してお連れください。

こみね歯科医院の診療のご予約についてはこちらから

トップへ戻る