Denture入れ歯が合わない・痛い~義歯~

入れ歯が合わない・痛い~義歯~

歯はすべてそろうことでバランスがとられており、1本でも失うと、咬む、話すといった機能に支障を来たします。また放置すると歯並びが乱れてしまうこともあるのです。歯を失ったらできるだけ早く、適切な治療を受けることが大切です。

千葉市の歯医者「こみね歯科医院」では、患者様のお悩みをじっくり伺い、一人ひとりのお口に合った入れ歯をおつくりしています。「入れ歯が合わない」「はめると痛い」「咬みにくい」など、どんなお悩みもお気軽にご相談ください。

入れ歯のこんなお悩みありませんか?

入れ歯について、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 入れ歯がすぐに外れてしまう
  • はめると痛い部分がある
  • 食べたいものを咬みしめることができない
  • うまく発音できず、会話がしにくい
  • 金属のバネが見えて恥ずかしい

このようなお悩みがある場合、その入れ歯がお口に合っていないことが考えられます。近年では、機能性・審美性ともにすぐれた入れ歯がたくさんあります。当院でしっかりご相談を重ね、快適な入れ歯をつくりましょう。

総入れ歯と部分入れ歯

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があります。

総入れ歯 部分入れ歯
総入れ歯 部分入れ歯
歯をすべて失った場合の入れ歯です。口腔内を大きく覆うため、違和感があり話しにくかったり食べ物の味を感じにくかったりすることもあります。 1~数本の歯を失った場合の入れ歯です。保険の部分入れ歯は、残っている歯に金属のバネで固定するため、その歯に負担をかけることがあります。

保険入れ歯と自費入れ歯の比較

入れ歯には保険が適用されるものと自費になるものがあります。それぞれの特徴を理解し、適したものを選びましょう。

  保険入れ歯 自費入れ歯
  保険入れ歯 自費入れ歯
特徴 床部分の素材はレジンにかぎられています。部分入れ歯の場合は、金属のバネで固定します。 選択肢が豊富なため、床の素材には金属やシリコンなどが選べ、歯の部分にはセラミック、またバネのない部分入れ歯など、機能性・審美性を追求したものがつくれます。
メリット
  • 保険が適用されるため費用を抑えられる
  • 修理しやすい
  • 審美性、機能性ともに高いものを追求できる
  • 装着感がよく、違和感が少ない
  • ずれたり外れたりしにくい
  • 咬み心地がよい
  • 金属の床を選べば食べ物の温度を伝えやすい
デメリット
  • 部分入れ歯の金属のバネが目立つなど見た目は劣る
  • 床に厚みがあるため違和感があり、食べ物の温度や味覚も感じにくい
  • 発音しにくい
  • 部分入れ歯のバネをかける歯に負担をかける
  • 保険が適用されないため、比較的費用が高額になる
  • 修理がしにくく、修理自体できないものもある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院の取り扱い入れ歯

※料金は税別表示となります

レジン床義歯
床部分がレジンでつくられた保険適用の入れ歯です。床に厚みがあり、装着感や咬み心地、話しやすさなどは劣りますが、費用を抑えられ、治療期間が短いといったメリットもあります。 レジン床義歯
費用 保険適用

※表は左右にスクロールして確認することができます。

金属床義歯(チタン・コバルトクロム)
床部分が金属でつくられた入れ歯です。床が薄いため軽く、装着時の違和感を少なくできます。また熱伝導率が高いため、食べ物の温度も伝えやすいというメリットもあります。当院では、チタンとコバルトクロムからお選びいただけます。 金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ノンクラスプデンチャー
金属のバネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。歯ぐき部分がクッション性のある特殊な樹脂でつくられているため、フィット感がよく咬んだときの痛みも出にくいのが特徴です。また見た目も、入れ歯だとわかりにくいため人気があります。 ノンクラスプデンチャー
費用 100,000円~

※表は左右にスクロールして確認することができます。

マグネットデンチャー
残っている歯根に磁性金属を、入れ歯の裏側に小型の磁石を取り付けて、強力な磁力で固定する入れ歯です。入れ歯のずれやもたつきがなく、バネがないため見た目もよいのがメリットです。 マグネットデンチャー
費用 マグネット1個につき
800,000円~

※表は左右にスクロールして確認することができます。

~入れ歯治療についての副院長の考え~

~入れ歯治療についての副院長の考え~

入れ歯には、見た目や咬み心地、装着感などでさまざまなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。しかし私は、それはきちんと患者様のお話を伺った上で、きちんと口腔内の検査を行い、歯科技工士と綿密な連携をとることで解決できると考えています。

「入れ歯はこんなもの」と、あきらめてはいけません。初めて入れ歯をつくられる方、現在の入れ歯でお悩みの方も、一度当院までご相談ください。

こみね歯科医院のインプラント治療についてはこちらから

トップへ戻る