Perio歯ぐきから血が出る・口臭が気になる~歯周病~

歯ぐきから血が出る・口臭が気になる~歯周病~

プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯を支える歯ぐきや顎の骨を徐々に溶かしていく病気、歯周病。初めは歯ぐきの腫れや出血といった症状から始まり、それを放置すると歯は支えを失って、最悪の場合には抜け落ちてしまうこともあります。

実に、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれており、さらに日本人が歯を失う原因の第1位にも挙げられています。決して他人の話ではないのです。また虫歯と同じく初期に自覚症状が出にくいという特徴もあるため、注意が必要です。日ごろから予防に励むとともに、少しでも違和感を覚えたら、千葉市の歯医者「こみね歯科医院」まですぐにご相談ください。

歯周病セルフチェック

歯周病は、なかなか自然に気づくのは難しいのが特徴です。次のことに覚えがないか、一度チェックしてみましょう。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 何もしなくても血が出る
  • 硬いものが咬みにくい、咬むと痛む
  • 水を飲むとしみる
  • 歯ぐきが下がり歯が長くなったように見える
  • 朝起きたとき口の中がネバネバする
  • 歯が浮いているような感覚がある
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきから膿が出る

歯周病の進行について

歯周病は初期のものを歯肉炎、それ以上進行すると歯周炎と呼びます。

歯肉炎
歯肉炎

症状

歯の根元にプラークが溜まり、歯ぐきに炎症が起き始めています。ブラッシングすると出血することがあります。

軽度歯周炎
軽度歯周炎

症状

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり、歯ぐきの炎症が増して顎の骨や歯ぐきが溶かされ始めます。歯ぐきは下がって歯が長くなったように見え、さらに放置すると歯はグラつき出し、口臭も気になります。

重度歯周炎
重度歯周炎

症状

歯周ポケットがさらに深くなり、顎の骨が半分以上溶かされて歯ぐきからは膿が出てきます。歯は大きくグラグラして口臭も強くなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病による身体への影響

歯周病は大切な歯を抜け落ちさせてしまうだけでなく、全身にもさまざまな悪影響を及ぼしています。歯周病菌が血液を介して全身をめぐることで、次のような全身疾患を引き起こしてしまうのです。

  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 心臓疾患
  • 動脈硬化
  • 早産・低体重児出産 など

歯周病治療は全身の健康を守るためにも、とても重要であることを知っておきましょう。

当院の歯周病検査・治療

検査方法
ポケット検査 歯の動揺度検査 細菌検査
ポケット検査 歯の動揺度検査 細菌検査
プローブという器具を使い、歯周ポケットの深さを測る検査です。同時に出血の有無も確認し、どれだけ進行しているか調べます。 歯をピンセットでつまんで動かし、どれだけ揺れるかを調べる検査です。グラつきが大きいほど、進行していることがわかります。 位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使い、口腔内の歯周病菌の種類や数を調べる検査です。一人ひとりのお口の傾向がわかることで、適切な治療計画の立案に役立ちます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

治療法
スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという器具を使い、歯の根元にこびりついたプラークや歯石を徹底的に取り除きます。最後に、汚れがなくなって凸凹になった歯面をツルツルに磨き上げる「ルートプレーニング」を行い、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

スケーリングでも取り除けなかった、歯周ポケットの奥に入り込んだプラーク・歯石を、歯ぐきに麻酔をかけた上で掻き出します。

フラップ手術

フラップ手術

歯周ポケットが6mm以上と深くなった重度歯周炎において、麻酔を施した上で歯ぐきを切開してめくり上げ、歯根を露出させて歯根にこびりついたプラークや歯石、また感染した歯肉組織を取り除きます。

顎の骨の再生治療

顎の骨の再生治療

【GTR】

歯周病の悪化によって、顎の骨が失われてしまった場合に行う治療です。再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保し、骨の再生を促します。再生後、メンブレンを取り除きます。

顎の骨の再生治療

【エムドゲイン】

再生させたい部分に、エムドゲインゲルという特殊な薬剤を入れてスペースを確保し、骨の再生を促します。ゲルは後に吸収されるため、メンブレンのような除去は不要です。

~歯周病治療についての副院長の考え~

~歯周病治療についての副院長の考え~<

歯周病は大切な歯を奪う上に、全身の健康までも脅かす病気です。そのため治療は、患者様が主役となって前向きに取り組んでいただくことが大切です。

当院ではモニターを使い、口腔内写真で現在の口腔内の状態や、歯周病菌が活動する様子などをご覧いただきながら、治療内容やメリット・デメリットといったことを丁寧にご説明しています。患者様にもしっかりご理解いただいた上で、一緒に治療に取り組み、完治を目指します。

予防歯科についてくわしくはこちらから

トップへ戻る